宅トレ

え?「お菓子ダイエット」ってマジ?チョコがダイエット食だった!?

え?「お菓子ダイエット」ってマジ?チョコがダイエット食だった!?

「お菓子ダイエット」が話題に!実はチョコレートはダイエットフードだった!?  – アサジョ
【記事によると】
大手食品会社の明治がオーストラリアの大学に行ってもらった、「チョコレート効果カカオ72%」と「チョコレート効果カカオ86%」の食後血糖値の上昇度を示す指標「GI値」に関する試験の結果、カカオ72%チョコ摂取後のGI値は「29」、カカオ86%チョコでは「18」だったそうです。

続きはコチラから

低GI食品とは?

そもそもGIとはなにか。

GIとは?Glycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、食後血糖値の上昇度を示す指標のこと。

GI値の高い食品ほど血糖値が上がりやすく、低いほど血糖値の上昇は穏やかになる。

高GI値・低GI値っていくつから?

70以上を高GI食品
56~69が中GI食品
55以下が低GI食品

GI値の例

  • ご飯…88(高GI)
  • 食パン…95(高GI)
  • そば…54(低GI)
  • プレーンヨーグルト…25(低GI)

チョコレート効果カカオ72%と86%のGI値は?

チョコレート効果カカオ72%…29(低GI)
チョコレート効果カカオ86%…18(低GI)

低い!めちゃくちゃ低い!!

チョコレートのポリフェノール

しかしながらカカオ72%や82%も入っていると苦いですよね。

その苦味!カカオ由来のポリフェノール!

チョコレートにはカカオ由来のポリフェノールが多く含まれています。

抗酸化作用が強く、活性酸素などの有害物質を無害な物質に変える作用があり、動脈硬化など生活習慣病の予防に役立ちます。

食べて痩せるダイエットの可能性

カカオ分が多いチョコレート。

今話題の「食べて痩せるダイエット」に活用できるそうですね!

明治 チョコレート効果カカオ72%BOX 75g×5個
買い置き需要にお応えします。一口サイズで食べやすいカカオ分72%の高ポリフェノールチョコレート26枚入り。
チョコレート効果カカオ86%
上質なカカオの苦味には、カカオ由来のポリフェノールが多く含まれています。カカオ分86%の高ポリフェノールチョコレート。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。