書評

【書評】珈琲いかがでしょう(1)を読んだ感想【レビュー】

Rito
Rito

こんにちは!
Rito(Rito)です!

私、毎日コーヒー飲んでいるんですよね。

多分カフェイン中毒だと思うんですけれど、コーヒーを飲むとエンジンがかかるというか…。

多分カフェイン中毒ですね。

Kindle Unlimitedを契約したからには、色々な本を読もうと思って探していたら発見しました。

『珈琲いかがでしょう』

珈琲いかがでしょう

珈琲いかがでしょう 新装版(上)
このマンガがすごい!(宝島社)2019 オンナ編第3位
「凪のお暇」のコナリミサトが描く優しくもほろ苦い、人情珈琲群像劇。

こんなお話

本人もなにやら訳ありな移動珈琲屋・青山一(あおやまはじめ)とお客に訪れる人々とのお話。

基本的に1話完結で、非常に読みやすい。

「どんな人にもそれぞれのドラマがある」

そう思わされるそんな作品。

もちろん珈琲を飲みながら読ませていただきました。

作者紹介

作者:コナリミサト(@konarikinoko
HP:コナリミサトの粉

コナリ ミサト(7月22日 – )は、日本の女性漫画家。かに座、O型。デビューは2004年。
Wikiから引用

連載・書籍

Amazon Kindle Unlimitedで読める!

Kindle Unlimitedに登録すれば、漫画も読み放題!(30日無料)

終わりに

いやぁ~美味しいコーヒーが飲みたくなりましたね!

家ではやっすいコーヒーメーカーで、毎朝コーヒーを入れて飲んでいるのですが、喫茶店なんかの美味しいコーヒーが飲みたくなりました(笑)

挽きたての珈琲ってぜんぜん違うんですよねぇ。

セブンのコーヒーとかも美味しいですけれどね。

お話は一話一話それぞれの人の話があってとても良い!

丁寧な仕事・その分仕事が遅くなってしまう子の話とか良かったなぁ。

さて、この移動式珈琲屋の店長「青山一」さん。

穏やかでのほほんとした雰囲気。

でも彼自身にはちょっとした秘密がありそう。

どんな秘密があるのか。

それはぜひ、読んで確かめてください。

みなさんも、珈琲いかがでしょう?

では!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。